エアコン撤去、取外し方法!

エアコン撤去時に注意したいこと

  • 保護具(軍手など)は、必ず着用しましょう!
  • 万一、落下、水漏れした場合を考えて、養生は万全に!
  • 結構な重量です。安全面も考慮すると、2名以上での作業が理想的です!
  • 地球環境の破壊に繋がります。フロンガスは確実に封じ込めましょう!
  • 日曜大工を得意とする方なら比較的簡単ですが、自信の無い方は業者に依頼するのが無難です!

必要な工具類

エアコン撤去、取外し時に必要な工具など

必ず必要なもの
① ドライバー
② カッターナイフ
③ 六角レンチ
④ モンキースパナ
⑤ ニッパー
⑥ 軍手(滑り止め付きが理想的)

あると便利なもの
⑦ 養生テープ
⑧ 毛布
⑨ エアコンキャップ

エアコン撤去の手順

エアコン撤去、取外しは自己責任で!取り付け環境やメーカー、年式により作業方法が異なります。
取外しに挑戦する際は、自己責任でお願いします。

① エアコンを運転させる

※ 夏場は、リモコンで冷房運転出来ますが、気温が低い冬場などはセンサーが働きリモコンでは冷房運転が出来ません。リモコンで動作しない場合や、リモコンを紛失した場合は、室内機の全面カバーを外して強制運転させます。

※ ポンプダウンさせる為に必要な作業で、フロンガスを室外機に閉じ込める為に必要な準備です。

エアコン撤去、取外し(手順1)

② 室外機のカバーを外し、フロンガスキャップを外す

※ 電源コード付近に触らないように、注意してください!

エアコン撤去、取外し(手順2)

③ 送り側のバルブを占め、2~3分運転を続ける。

※ 配管の長さなどの影響で、運転時間は異なります。送風口に手を当てて、冷房が利かなくなったら次のステップに進みます。

エアコン撤去、取外し(手順3)

④ 受け側のバルブを占め、エアコンの電源を切り、コンセントを抜きます。

※ 電源コードは、室内機の送風口が閉まった後に抜いてください。

エアコン撤去、取外し(手順4)

⑤ 配管パイプを取外し、電源コードを切断する。

※ 電源コードは確実に抜けていますか?

エアコン撤去、取外し(手順5)

⑥ 室内機を撤去する。

※ 配管パイプが長い場合や、環境によっては配管を室内機近くで切り離すと作業がスムーズになります。

※ 落下や、水漏れした場合の事を考え、周囲の電化製品や家具等は、毛布などを利用して養生します。

エアコン撤去、取外し(手順6)

⑦ 配管穴の補修と、取り付け金具の撤去。

※ 配管パイプが長い場合や、環境によっては配管を室内機近くで切り離すと作業がスムーズになります。

※ 落下や、水漏れした場合の事を考え、周囲の電化製品や家具等は、毛布などを利用して養生します。

エアコン撤去、取外し(手順7)
サブコンテンツ

このページの先頭へ